文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 32GB Black

タブレット端末 iPad Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 32GB Blackを購入
20121222001.jpg

ipad miniやkindle等悩みましたが、携帯性よりも画面の大きさとRetinaディスプレイに惹かれてこれにしました。
スポンサーサイト

HDD交換記

先日、何気にHDDの状態をチェックしてみた。
本当になんとなくチェックしてみようと思っただけなのだが、
なんと「代替処理済みセクタ数」が限界値を超えていた。
購入して2か月ほどのPCのHDDの「代替処理済みセクタ数」が限界値を超えるなんて夢にも思っていなかったのでびっくりである。
しかし、限界値が「5」で生の値が「6」なのですぐにどうという事ではない。
それよりも限界値を超えたタイミングでHDDのチェックをしようと思った自分自身にびっくりです。

大したことではないかもしれないので、しばらく様子を見ることにしました。
その間に「代替処理済みセクタ数」の数がどんどん増えるようならば、HDDの内部が壊れており、最悪の場合PCが起動しなくなる可能性がある。
逆に全く増えなければ何らかの理由で一時的に「代替処理済みセクタ数」が発生しただけでこのまま使用し続けても問題はない。
翌日、PCを起動してすぐチェックしてみるが、セクタ数は前日と同じである。
1時間ほど作業して終了する前にも念のためチェックしてみる。








なんと「6」が「7」に増えています。(^_^;)嫌な予感。

次の日の終了時には。
「7」が「A」になっている。(16進数なので10進数に変換すると10です。)

これは、HDDの故障の可能性が高そうです。

購入して2か月なので本来ならば、購入店に連絡して初期不良として交換も可能かもしれないが、その場合交換に1週間ほどかかります。
PCの電源を入れない日は1年に1日もない私には、1週間もPCが使えないなんて考えられません。
(どんなに体調が悪くてもたとえインフルエンザで寝込んでいてもPCの電源は入れます。)

そんなわけで、会社帰りに2TBのHDDを購入してきました。
SSDの購入も考えましたが、まだまだHDDに比べて高価です。
PCの起動やファイルの読み書きが無茶苦茶早いとは聞いています。
しかし、実際の作業時間はCPUで決まるのと、(これが一番気になるのだが)1年ぐらい使っているとHDDと変わらないスピードまで落ちてくるという情報もあるのでHDDにしました。
(最近はスピードダウン対策もあるようですが・・・。)

HDDの交換方法ですが今使っているHDDのクローンを作ることから始めます。
クローンHDDの作成には、フリーで評判の高い「EaseUS Todo Backup Free5.0」を使用することにしました。

新旧のHDDをPCにつないでPCの電源ON。
そして「EaseUS Todo Backup Free」を実行。
「CLONE」の中にに「Disk clone」と「Partition clone」があり、少し迷ったのだがHDDの容量が異なるので「Partition clone」
を選択。元のHDDを選んで、新しいHDDを選んで「Set Active」にチェックして実行。
(起動用のHDDの場合は「Set Active」にチェックを入れます)
1時間ぐらいでコピーが終わったのでHDDを入替えてPCを再度起動してみます。

しかし、
「Reboot and Select proper Boot Device or Insert Boot Media」
(「ブート可能なデバイスをセットしてください」)
とメッセージが表示されPCが起動しません。

仕方ないので元のHDDに戻してPCを起動。
こちらは何の問題もなく立ち上がります。
今度は「Disk clone」で、クローンを作成してみます。
こちらも1時間ぐらいで無事クローンの作成に成功したので、再び、HDDを入替えてPCを立ち上げてみます。
今度は大成功。
最初にPCが起動しなかったときは正直あせりました。
2回目の時はもしこれでも起動しなかったらと思ってドキドキしながらPCのスイッチを入れましたが、無事起動して何よりです。
後で分かったことですが、どうやらうまく起動用ドライブであるという情報が書き込まれなかったようです。
MBRの修復を行えばいいようです。

具体的には、Windows7のインストールディスクでPCを立ち上げて、コマンドプロンプトから

MBR作成するためのパーティションアクティブ化
> diskpart
DISKPART> list disk
DISKPART> select disk 0
DISKPART> list partition
DISKPART> select partition 1
DISKPART> active
> exit

MBRを作成する
>bootrec /fixboot
>bootrec /fixmbr
>bcdedit
>exit

とすると良いようです。
次回(そんなに頻繁にHDDのクローンを作る事があっては困るのですが)うまく起動しなかったときに試してみたいと思います。
(XPは方法が異なるようですのでXPの方はネットで調べてください)
「EaseUS Todo Backup Free」ですが、5.0ではうまく起動せず4.5でやり直したら起動したという報告もあります。

HDDの交換後毎日チェックしていますが、今のところ「代替処理済みセクタ数」はゼロのままです。
500GBのHDDが1ケ余っている状態ですが、怖くて普通には使えないのでフォーマットしてユニックスでも入れて遊んでみようかと思ってます。

今回は本当に偶然にも早期にHDDの異常を見つけることができましたが、PCが起動しなくなってからでは遅いので皆さんも時々HDDの状態をチェックしてみてはいかがですか?
HDDの状態をチェックするソフトは
CrystalDiskInfoやHDDAnalyzerなどがあります。

HDDの容量も大容量のものが安く手に入るようになってきましたが、大容量に成れば成る程壊れた時の被害も大きくなります。
定期的なチェックと、別ドライブへのバックアップを忘れずに!。

PCが起動しなくなることも考えられますのでHDDの交換等は自己責任でお願いします。

ソフトのインストールの続き

インストールできなかったソフトの中にバージョンアップしてでも新しいPCで使いたいと思ってたのが、Photoshop Elementsです。(CSは高くて手が出ません。)

Photoshop Elementsの最初のバージョンです。
20121002001.jpg
見たこともない人も多いかもしれません。
それくらい古いソフトです。

Photoshop Elements 10(バージョンアップ版)
20121002002.jpg
知らないうちに10になってました。

ブログにアップするのが遅れていたら11が発表されてしまいました。

ソフトのインストール

今日はソフトのインストールです。

インストールという単調作業の連続は面倒で、疲れます。
まずは、筆まめから。
このソフトの今使っているバージョンはアップグレード版なのでインストールの途中で今のシリアルと旧のシリアルを聞いてくると思って用意していたのですが、旧のシリアルを聞いてくることなくインストールが完了しました。
他のソフトでも旧シリアルを聞いてこなかったので、転送ツールがこのあたりの情報も新しいPCに転送してくれたのかもしれません。

そのほかのソフトもほとんどが順調にインストールできたのですが、購入したけどバージョンアップしていないソフトの中にはインストールできないものもいくつかありました。
OSがXPからWindows7に変わったために起こる事で、ある程度予想はしていなかったのですが、痛いです。
というのも、バージョンアップしなかったソフトというのはバージョンアップ価格が高くてできなかったものがほとんどで、新たに購入する資金はありません。

旧PCもしばらく現役で使うことになりそうです。

結局休日のほとんどをこの作業にとられてしまいました。
(あー疲れた)

PCのお引越し

PCを購入したというブログを書いてから1か月以上たってしまいましたが、PCの引っ越しについてです。

パソコンの変更で最も大変なのが、今まで使っていたPCに入っていたソフトのインストールや様々な設定とデータの移動です。
インターネットの設定など手作業でやれと言われてもできない人がほとんどではないでしょうか?
私の場合は今までほとんど自作のPCを使ってきたのであまり苦にならないのですが、メールアカウントのパスワードすら分からない人もいるのではないでしょうか?
今のように誰もがインターネットで繋がっているのが当たり前の世に中ですから、こういうことを代行してくれるソフトも出ています。

しかし、何年かに1回しか使わないのにわざわざ引っ越し用のソフトを購入するのももったいないので、マイクロソフトが無料で出している転送ツールを使ってみました。

インターネットで調べてみると一つ問題が発覚。
今私が使っているメーラーのOUTLOOK EXPRESSはそのままでは転送できないという事です。
別のメーラーにいったんメールの設定を移す必要があるというのです。
メーラーを何にしようかとおもったのですが、めんどくさいのでOUTLOOK EXPRESSの後継ソフトであるWindows Liveメールにしました。
Windows Liveメールをダウンロードして、全アカウント・アドレス帳・メールデータの移動を行います。
次にネットから転送ツールをダウンロードしてインストール。
使い方はネットに多数転がっているので調べておくと便利です。

私の場合は転送ツールでいまのPC設定やデータ一式を外付けHDDに転送。
そして新しいPCに転送しました。
外付けHDDを持っていない人も多数いると思いますが、一つ持っていると何かと便利です。
私はデータのバックアップ用に一つ購入しており、空き容量もたくさんあったのでこれを流用しました。

わりと簡単にPCの引っ越しができてしまいました。

 | HOME |  »

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。