文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STB交換記

ケーブルTVからSTBの無料交換を知らせる葉書が来た。
今使っているSTBから録画機能の付いたSTBに無料で交換できる。
というお知らせだ。さらに毎月の料金も同じでいい。
今使っているSTBが10年近く使っていることもあり地デジを見ていると時々電波が弱くなる様でノイズが入ったり、エラーで見れないことがあった。
こんな時はSTBを経由しないで見ると、普通に見れるのでSTBに問題があるのは分かっていたが、面倒なのでそのままにしていた。
(ケーブルTVからの電波を分配器でSTBとTVにつないでいる為地デジはSTBなしでも見れる。)
また、今迄はテレビの録画機能を使って録画していたため、地デジ以外(BSやCS)を録画する時は、STBの電源を入れてチャンネルを合わせておく必要があった。
ただ、それほど録画してまでTVを見るほうではなかったのでそれ程気にはしていなかった。
せっかくただでSTBが交換できるので交換することにした。
ここで交換方法が2つ。
①訪問交換
ケーブルTVの人が家まで来て設置してくれる。(これも無料)
②窓口交換
使用中のSTBをケーブルTVまでもって行って新しいSTBと交換してもらい自分で設置する。
この場合、HDMIケーブルが1本もらえる。(もちろん無料)

①と②を比べてみましょう
①の長所
すべての作業をケーブルTVの人が行ってくれるので楽。
①の短所
誰か家にいないといけないのでスケジュールの調整が必要。
スケジュールが合わないといつまでも交換できない。
②の長所
自分の都合で交換できる。
HDMIケーブルが無料で手に入る。
②の短所
ケーブルTVまで遠い人は大変。
STBの設置が面倒。

といったところでしょうか?
私の場合STBの設置は全く気にならない。どちらかというと好きかも。
ケーブルTVまでは車で5分もかからない。
という事で②の短所は問題にならないので②に決定。

早速ケーブルTVへ電話
『B-CASカードとC-CASカードは抜かずに差したまま本体と電源ケーブルとリモコンを一緒に持って来て下さい。』
という事なので言われたままにケーブルTVまでGO。

すぐに新しいSTBと交換してくれるのかと思ったら、まず持って行ったSTBのチェック。
これに10分ぐらいかかっただろうか?。
次に新しいSTBの説明。
これも10分くらい。

家に帰って早速STBを設置して動作確認。
地デジ・BS・CSすべて問題なく見れるのを確認。
今迄見にくかった地デジ(1部のチャンネル)も綺麗見える。
(やはり今までのSTBに問題があったようだ。)

次に録画の設定。

ここで大問題発生。

なんとこのSTBにはハードディスクが付いていない。????
取説を読むとHD付のSTBとLANで繋ぐか、外付けHDDとUSBで繋ぐ必要がある。
STB交換案内の葉書を隅から隅まで読み返してみてもどこにもHD付とは書いてない。
録画機能が付いているのでHD付と思い込んでいた。
(なんとなくだまされたような気がする。)
せっかく録画機能付きのSTBに変えたのに録画ができないでは癪に障るので家電量販店へ

ここでもう一つミスを犯した。

外付けHDDの対応表を持ってこなかった。
しかし、余程おかしなものを選ばない限り大丈夫だろうと考えて、売り場を見る。
(もし、STBで認識しなかったらパソコンにつなげばいいか!。)

するとIO-DATAの商品の多くに広告の品のマークが付いている。
という事は、今日はIO-DATAが安い!。
メーカーはID-DATAに決定。

容量は2TB以上欲しい。
で、売り場を見ると2TB以上の商品で在庫があるのは3TBの商品が1ヶしかない。
(これだから田舎は・・・。)
価格は¥15,800。
随分と安くなったものだ。
箱を見てみると、USB接続の相手(PCやSTB)の電源がOFFになると自動的にOFFになる節電設計とある。
(外付けHDDの電源のON/OFFって案外面倒。)

なかなかいいじゃない!。

この商品に決定でしょ。

家に帰って早速設置。
STBはこの外付けHDDを認識するのか?。
なんとこの商品、対応表に載っていない。
さらに対応表にのっているIO-DATAの他の商品でも
『3TBの商品は対応していません。』と書いてある商品もある。
(後からSTBのメーカーのHPを見たら対応機種に2TBまでは載っていました。)
(IO-DATAのHPには3TBモデルは対応していませんとありました。)

緊張の一瞬




やったー

認識しました。

色々な設定をして、録画予約も無事完了。

翌日、ちゃんと録画できているのを確認!。
ただ、録画中はSTBの操作が出来ない。
(留守録以外使えない!!!。)
スポンサーサイト

PIXUS MG6230BK

2011122701.jpg
(うまく撮れなかったのでネットで・・・)

日曜日に年賀状作成を始めたら(遅)どうもプリンタの調子がよくありません!
テスト印刷したものを見ると、等間隔で黒っぽいスジが入っています。
完全にノズルの目詰まりです。
でもノズルクリーニングを2~3回行っても直りません。
(直らないのにインクはどんどん減っていく!!!)

これ以上クリーニングをしても直る保障も無いし、何より印刷するインクが無くなってしまう!
プリンタでもっとも高い消耗品といってもいい「インク」をこれ以上無駄遣いするのもバカらしいので、新しいプリンタを購入することにしました。

我が家でプリンタを購入する上での条件
・コピーやスキャナ機能の付いた複合機であること。
・名刺サイズの印刷が出来ること。

この2つの条件から絞り込まれたのが
・EPSON Colorio EP-704A
・Canon PIXUS MG6230
の2機種です。

EPSONは前面給紙のプリンタになってから名刺サイズの印刷ができるものがほとんどなくなってしまい、下位の機種に「一応ありますョ」という感じになっています。
下位機種では印刷スピード等を考えるとMG6230に見劣りしてしまいます。
(でもEP-704Aなら今のインクがそのまま使える。)

今まで、EPSONのプリンタばかり使ってきましたが、たまにはCanonでもいいかなと思い「MG6230」を購入しました。

ただし、この機種タイの洪水の影響で非常に品薄状態になってます。
近所の家電量販店では売り切れか高い値札が付いて売られています。
そんな中、近所の「キタムラ・カメラ」では2万2千5百円で売られていました。
ちなみに「キタムラ・ネットショップ」で特別限定価格2万3千5百円で売られています。
「キタムラ・カメラ」さん相当大量に仕入れたのでしょうか?

使ってみた第一印象は「赤色」が強く出る。というところでしょうか?
(これは価格.comのクチコミでいわれているとおりです。)
でもさすがは、「W黒」宛名の黒は濃くて気持がいいです。
くっきりと濃い「黒」で宛名印刷がしたいという人には「W黒」の機種はオススメだと思います。

12桁 電卓

イオンのメガマートで、感じのいい電卓発見!
2010102601.jpg

12桁で税率ボタンまで付いてます。
電源は、ボタン電池とソーラーの2Way。
これで398円は超お買得!。

ただし、
電池交換は自分では出来ず、メーカーに送って交換してもらう仕様です。
でも2Wayの電卓で電池が切れるのには何年もかかりますから、ある意味使い捨て電卓というイメージでしょうか?
また、黒いビニール製のカバーが付いていますが、これが無茶苦茶ダサいカバーです。

そこで、無印良品のジーンズ素材シリーズから「電卓ケース」の出番です。

2010102602.jpg

いかがです?。
初めからセットかと思うほどぴったりです。(ちょっと言い過ぎ?)
2010102603.jpg

ちょっと使ってみるといろいろとアラが見えてきますが、398円なら仕方ないですネ。




ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

CASIO fx-5800P-N

カシオのプログラム電卓fx-5800P-Nです。
2010083101.jpg

発売からは随分たっていますが、最近手に入れました。

プログラムも可能な関数電卓です。
前から欲しいとは思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず、購入していなかったのですが、近くの家電量販店の改装前で安くなっていたので買っちゃいました。

特徴は『数学自然表示』であろう。分数やルートなど本に載っているのと同じ様に表示されるのである。
当然入力も数式どおりに簡単に入力できる。

更に、微分積分まで出来てしまうのである。
これでちょっとした微積ならパソコンを立ち上げる必要が無くなった。
2010083102.jpg

ただ、普通の人が微積を学校意外ですることなどほとんど無いので、これほど高機能な電卓が必要なのはごく少数の人であろう。

私がこの電卓を購入して『もっと早く買っておけば良かった。』と思った機能は、自作公式機能である。
公式などと堅苦しいことではなく良く使う数式を登録できるといったほうが分かりやすいと思う。

電卓を日常的に使用する人は、どんな職種であれ良く使用する数式は限られているのではないだろうか?
マルチリプレイ機能のように同じ数式の数字を変えて計算できる機能は他にもあるが、電源を切ると数式も忘れてしまうため、オートオフで電源が切れるとまた数式を入力しなおさなければならなかったり、変更する数字のところまで矢印キーで移動しなければならなかったり(この移動がやたらと時間がかかる。もっと早く移動してくれ)となかなか計算に集中できないことが多々あった。
また、プログラムというとある一定の知識が必要なので、これも難しい人が多いのではなかろうか?

これをいっぺんに解決してくれるのが、この自作公式機能である。
関数はこんなにいらないし、プログラムはパソコンでするから、100個ぐらいの関数に10kバイトぐらいの容量のメモリに数式を記憶できる電卓があったらどんなに便利だろうか?


ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

CANON LS-12TKⅢS

キャノンのテンキー電卓「LS-12TKⅢS」です。
2010061201.jpg

なぜか普通のテンキーより安い価格で売っていたのでついつい購入!

パソコンを使っていると数式を入れたのではエラーになってしまうソフトが多々あります。
そんな時、電卓で計算してそれを入力することになるのですが、それってめんどうですよね!
また、数字を、見間違えたり入力し間違えたりすることもあります。
そんな時これがあると便利です。
USBでPCとつないだら、電卓部分で計算して送信ボタンを押せばOK。
ミスをする可能性が大幅に減ります。

電源として、太陽電池とリチウム電池と書いてあり、何分かすると自動的にOFFになると書いてありますが、USBでPCにつないであるとOFFになりません。もしすると、USBからも電源をもらっているのかな?

ちなみに強制的に電源OFFするボタンはありません。
リチウム電池の交換も自分では出来ないので、メーカーに交換してもらわなければなりません。


ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

 | HOME |  »

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。