文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gillette Fusion 5+1

届きました。
2010053001.jpg

ZEAKさんのところでキャンペーンをしているのを見つけ2回目の挑戦であたりました。

記事が4月1日ですから約2ヶ月。
応募してたこともすっかり忘れてました。

早速使ってみたのですが、ずーっと電動しか使ったことが無いからでしょうか?

いきなり肌を切ってしまいました。
また電動に逆戻りです。


スポンサーサイト

ZEBRA Surari

ゼブラから発売された「スラリ」を購入しました。
2010052901.jpg

最近 流行りの滑らかインクのボールペンです。
後発だけあってラインナップが充実しています。
軸色が12種類
インク色が9種類
ボール径が3種類
全部で21種類です。
この中から軸色黒(1.0)ライトピンク(0.7)ライトブルー(0.5)をチョイス。
(インクはすぺて黒)

この「スラリ」が他社と大きく異なるのがインクです。

油性とジェル(水性)インクを混ぜたエマルジョンインクです。

水と油を混ぜたのだから滑らかな書き味は当然なのだが、当然問題もある。
インクの粘性が低くなるとボテが出来てしまう。
「低粘度とボテ」どちらに比重を置くかは難しいところでしょうが、私には
『チョットボテが多いかな』と感じました。
ただ、他社の滑らかボールペンが150円(税抜き)なのに対し100円(税抜き)である点を考えると十分許容範囲に収まっていると思います。


ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

PILOT Dr.Grip Full Black (MP) Bordeaux

パイロットの「Dr.Grip」の新シリーズ(?)Full Black

シャープペンシルとボールペンからシャープペンシルを。
色はブラック・シルバー・ボルドー・ブルーの4色の中からボルドーを選択。
2010052401.jpg

全体像です。
2010052402.jpg

フルブラックなのにボルドーって阪奈感じもしますが、1(2?)Pointでアクセントとして色が入っています。
2010052403.jpg

軸径は太めです。
これは人間工学に基づき、無理なく握れる軸径で筆記時に肩や腕にかかる筋肉への負担を減らしてくれています。
また「Dr.Grip」の名前のとおりグリップ部に特徴があるのですが、シリコン製のグリップが2重構造になっています。
2010052409.jpg




随分前にも購入したものと並べてみましょう
2010052404.jpg
色が違うとこんなにも印象が変わってしまうものなんですね。
黒の方が高級に見えますね。


チョットだけ分解してみました。
旧タイプ
2010052405.jpg

フルブラック
2010052406.jpg
こうしてみると基本的な部品の構成は変わっていませんね。
しかし、写真では見にくいのですがクリップの材質が樹脂から金属に変わっています。
樹脂製のクリップというのはポケットなどに挿していると折れてしまうことが良くありますが、これなら大丈夫ですね。
私の周りにもクリップの折れたペンを使っている人を良く見かけますが、私はペンをポケット等に挿す習慣が無いので今までクリップが折れたことはほとんどありません。

このクリップ部に何かあるので拡大してみましょう
2010052407.jpg

2010052408.jpg

旧いほうには「PILOT JAPAN 2」
新しい方には「PILOT JAPAN 6」
とあるのが分かりますね。
この部分は何回も型修正されたということなのでしょうか?

パイロットお得意のフレフレメカを搭載していますので、軸を振るだけで芯が出るので持ち替える必要が無いのでノンストレスで集中して筆記出来ます。

私の大好きな「Dr.Gpip」がフルブラックで高級感を備え、金属製のクリップで耐久性まで手に入れました。
いまは、4Bの芯を入れてガンガン書いてます。

できれば、0.7や0.9の芯径の商品も出してくれないかな?


ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

クツワ㈱ レザー編込みペンケース エドウィン ブラウン

クツワ株式会社さんのレザー編込みペンケース エドウィン ブラウンです。
2010052201.jpg

商品にEDWINのロゴが型押しされていますが、(株)エドウインとのライセンス契約に基づき、企画製造されたものということです。
2010052202.jpg

レザーを編込んだイントレチャート仕様
レザーといっても使用しているのはPU合皮なのでお財布にやさしい価格帯になってます。

前回前々回と紹介したレイメイ藤井のペンケースは4~5本入れればいっぱいですが、このペンケースはサイズも大きく(H100×W215×D20mm)たっぷりペンが入れられます。

お洒落なペンケースには無い実用的な魅力がこのペンケースにはあります。
ペンを入れすぎて変形しても気にならないペンケースです。

ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

レイメイ藤井 NF203 ペンケース(三角マチ)

またまた レイメイ藤井のペンケースです。
今回はNF203 ペンケース(三角マチ) です。
2010051901.jpg
前回の(Lファスナー)とは言葉通りL形ファスナーなのか三角マチなのかの違いです。

横から見ると違いが分かってもらえるでしょうか?
2010051902.jpg

レイメイ藤井の「ペンケース」にはもうひとつNF210 ペンケース(両マチ)というのがあるのですが、こちらはまだ手に入れてません。
手に入れる機会があれば紹介したいと思いますが、いつになることやら・・・。


ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

レイメイ藤井 NF233 ペンケース(Lファスナー)

どうもお久しぶりです。
仕事の方が忙しくて2週間ほど空いてしまいました。

今回は、レイメイ藤井のペンケースです。
2010051701.jpg

形は前回紹介した「フレッドペリー」特別付録の「レザーペンケース」にそっくりです。
大きさもほぼ同じです。


しかし、質感が全然違います。
本物の革にはかないません。




ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

MONOMAX 付録のペンケース

雑誌「MONOMAX」の特別付録「フレッドペリー」の「レザーペンケース」です。
2010050201.jpg
ペンケースが付録ということでついつい購入してしちゃいました。

モノマックスという雑誌は今回(の付録で)はじめて知りました。
「smartの大人版」と表紙にあるとおり、おじさんでも買える表紙になってます。

まずは「表」
2010050202.jpg
フレッドペリーのブランドマークが型押しされています。

そして「裏」
2010050203.jpg
英国の国旗


「中側」はこんな感じです。
2010050204.jpg
雑誌の表紙に書いてありますが、材質はリサイクルレザーです。
リサイクルといっても革は革です。
革製のペンケースがこの価格で手に入るのは雑誌「smart」の威力ということでしょう。

すこし前に手に入れたものなのでもう店頭には無いかもしれません。


ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

丸善 萬年筆物語

久しぶりに丸善へよったらこんなものが目に飛び込んできました。

2010050101.jpg


うーん・・・なんか違う???

続きを読む »

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。