文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maruman Sketch Book

先日、トラディション・アニバーサリーキットルモグラフ・ペンシルキットを購入したので、鉛筆が一気に24本も増えてしまいました。
何とか鉛筆の有効活用する方法として思いついたのが、「スケッチをしよう」です。

スケッチブックといえば、これでしょう!
2011103001.jpg

マルマンのスケッチブックです。
絵心はまったく無いのですが、まずはスケッチやデッサンをはじめてみたいと思ってます。
(いつまで続くことやら・・・)
スポンサーサイト

STAEDTLER Mars Lumograph pencilmaker set

またステッドラーの鉛筆を買ってしまいました。
それも12本も!!!
2011102801.jpg

ルモグラフのHBが12本とヒストリカルペンシルキット1セットです。
2011102802.jpg

2011102803.jpg

缶のひとつにはルモグラフ鉛筆が12本。
もうひとつには1600年代に作られていたヒストリカルペンシルを再現できるキットが入っています。

限定品5000セット

限定品に負けてしまいました。

Associe

月刊誌「Associe」の付録のシャープペンシル
2011102701.jpg

芯径は0.9mm
もう皆さんお気付きでしょう!
コクヨの子供向けのシャープペンシルとAssocieのコラボペンシルです。
2011102702.jpg

2011102703.jpg
いくつかの文房具を扱うブログで紹介されていてご存知の方も多いと思いますが、オレンジ好きの
かめさんとしてははずせない一品です。

sun-star Pictome

近くの量販店が店じまいということで保護してきました。
サンスター文具のクリップを2種。
2011102501.jpg

2011102502.jpg

こういう物って使っているうちに何処かに行っちゃうので幾らあってもいいのですが、デザインの優れているものは高くてなかなか手を出せないのですが、店じまいセールで10%オフだったので逝っちゃいました。

それでも普段使っている100均のゼムクリップに比べたら随分お高いのですが・・・!。

LiFE KAPPAN NOTE

ライフ株式会社の「KAPPAN NOTE」です。
2011102601.jpg

全ての印刷を活版印刷で行ったということで「KAPPAN NOTE」と名づけられたそうです。
さすがにLiFEですね。こういうアイデアはなかなか出てこないですよね!

今はデジタルの時代ですから活版印刷もどのくらい後まで残っているのでしょう?
出来るだけ長く続けて欲しいものです。

サクラクレパス ほんとのクレパス16色 復刻版

サクラクレパス創立90周年を記念して昭和初期に販売されていたクレパス16色を限定復刻
2011102401.jpg

限定に弱いです。
更に復刻版というだけあってデザインもレトロでいいですね。
もったいなくてとても使えません。
本当はコレクションとして持っているだけで使わないほうがよっぽどもったいないのですが・・・。
やっぱり使えません。

STAEDTLER TORADITION ANNIVERSARY SET

先日何気なく文房具屋さんを覗いたらこんなものがあったので買っちゃいました。
2011102301.jpg

ステッドラーの鉛筆12本と蒸気機関車の形をした消しゴムのセットです。
2011102302.jpg

ステッドラーの鉛筆といえば青色のルモグラフやエルゴソフトが有名ですが、これはあえて一般用鉛筆として販売しているものです。

パッケージを見て何かの記念で限定販売しているものなのだろうと思ったのですが、良くわからなかったので家に帰ってからネットで調べてみると、ステッドラー社の創立175周年を記念してトラディション鉛筆アニバーサリーセットを限定2000セット発売となったもののようです。
でも175周年は2010年なので昨年発売?

紙筒製のケースにはステッドラー創立と同じ年に初めてドイツで敷設された鉄道(蒸気機関車)と景色をモチーフにしたデザインということです。

このアニバーサリーデザインの消しゴムは一般発売されていないので欲しい方はお早めに!

京都市美術館 フェルメールからのラブレター

京都市美術館へ「フェルメールからのラブレター」を見に行ってきました。
最終日ということで混んでいるかなと思っていたのですが、思ったほどではありませんでした。
それでも、入り口と展示室の前で入場制限をしていましたが、・・・。

彼は若くして亡くなったため、実際に描いた作品は少なく、全世界で現在30点程しか残っていません。

そんなフェルメールの作品が、今回の展覧会では三点同時に見られるのです。
「手紙を読む青衣の女」
「手紙を書く女」
「手紙を書く女と召使」
の三点です。

中でも「手紙を読む青衣の女」は修復後世界初展示というおまけ付きです。

どれもすばらしい作品でしたが、私の心に響いたのは「手紙を書く女と召使」でした。

「光の画家」といわれるフェルメールの作風が一番感じられる作品だった気がします。

「フェルメールからのラブレター展」はこの後、宮城県そして東京都で行われます。

お近くの方は、是非

Pilot CROQUIS 6B

パイロットの「クロッキー」の6Bです。
2011101201.jpg

文房具屋さんで見つけてためし書きをしてみると6Bの書き味が絶妙。
2011101202.jpg

HBから6Bまであったと思いますが、この6Bでためし書きして気が付いたらレジに並んでました。

ついつい落書きがしたくなるペンです!

満寿屋 MONOKAKI

満寿屋の『MONOKAKI』という名のノートです。
2011101101.jpg

満寿屋というと多くの有名な作家たちがここの原稿用紙を使って名作を生み出した事で知られていますが、このノートにはそんな満寿屋の歴史を感じさせるレトロな雰囲気があります。

このノートには無罫と横罫があり、無罫は少しお安くなってます。
といってもA5サイズで無罫が1000円(税抜き)、横罫が1050円(同)と決して安くはないノート(というか普通の人は無茶苦茶高いと感じるはず)ですが・・・。

学生のころはこういうノートはダサいと感じて買う事は無かったのですが、最近は昔から変わらないデザインのノートに魅力を感じてしまいます。

歳を重ねるという事はこういうことでもあるのですね!。

たぶん若い人は、こんなノートには見向きのしないでカラフルなノートに魅力を感じるのでしょうね?。

KING JIM 「はんこ型クリップ(顔文字)」

随分前に手に入れたものです。
2011101001.jpg
どうも私の中には「キングジム」がこういう遊び心のある商品を作るというイメージが無かったので、「キングジム」製というのにまず驚きました。
ほかにも「漢字」「英語」など種類があるので興味のある方は文房具屋さんで見てみると楽しいかも

2011101002.jpg
ただ、最後の仕上げがいまいちで、型から商品をはずしたときに出来たと思われる突起が出ていたり、切り口に塗料が塗られていなくて地金の色がそのまま見えてしまっています。
中国かどこかで作ったのかOEM商品なのかわかりませんが、とても「キングジム」の商品とは思えません。

Tombow OLNO

株式会社トンボ鉛筆の「オルノ」です。
2011100901.jpg

2011100902.jpg

写真を見てわかるようにこの商品の最大の特徴は、ペンを折ることで、芯を出すことが出来る「ボディノック機構」です。

トンボ鉛筆の「オルノ」の紹介ページには
●グリップを折って芯を出す「ボディノック機構」搭載のシャープペン(通常の尾端ノックも可能)
●持ち替えることなく360度どこでもその場ノックで簡単芯出し
とあります。

でも残念ながら私の持ち方では持ち替えないと芯を出すことが出来ませんでした。
私のペンを持つ位置が少し前過ぎるようで、すこし持つ位置を後ろにずらして彼で無いとノックできませんでした。

本来、本当にペンを持ち替えることなくノックできるかどうか店頭でチェックできればよかったのですが、この商品を置いてあるお店をいくつか回ったのですが、全てのお店で「ボディノック機構」が壊れているのか、芯がなくなっているのか、試すことが出来なかったのです。
なんと全てのお店で尾端の「ノックキャップ」がなくなっておりペンそのものが壊れているのか「ボディノック機構」が壊れているのか不明でした。
おもしろい機構なのでみんなが試しているうちに壊れてしまったのでしょう?

私は、文章等を書いているときに芯が出す作業で思考の邪魔をされたくないと思ってますので、ペンを持ち替えることなく芯を出すことの出来る機構のシャープペンシルはうるさいのですが、トンボ鉛筆さんにはもう少し先のほうでペンを持つ人でも可能なように改良してもらいたいですね!

BUN2 vol.38

BUN2 vol.38が出ました。
2011100201.jpg

手帳シーズン到来ですね!
去年ぐらいから文房具屋さんでは9月の初めには来年の手帳やカレンダーが並んでいますね。
今年はどんな手帳にしようかな?

昔はこの光景を見ると今年もあと少しなんだと実感しましたが最近は早すぎていけません。
本当は12月中旬に買いたいのですが、人気のある商品だと売切れてしまってますし・・・。

『2011年Bun2大賞』の投票の受付も始まってますね!
今年はどれが大賞を受賞するのでしょうか?
私の予想では「ハリナックス」の可能性が高いかな
今年は節電・節約・エコロジーの年という気がします。

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。