文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

m4/3単焦点レンズ

オリンパスのE-PL1s用に単焦点レンズを購入しようといろいろ考えてきました。

今、発売中の単焦点はの中で購入してもいいと思われるのは
【オリンパス】
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
【パナソニック】
LUMIX G 14mm/F2.5
LUMIX G 20mm/F1.7
LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4
【シグマ】
19mm F2.8 EX DN
30mm F2.8 EX DN

購入条件
1・明るいレンズが良い
2・広角と標準の2本
(2本買うとなると、高いレンズはNG)

そうして残ったのが
オリンパスの 45mmF1.8
パナソニックの 14mmF2.5と20mmF1.7
の3本。

まず焦点距離の大きく異なる 45mmF1.8が当確。

次に、14mmF2.5と20mmF1.7の対決です。
少しでも広角の14mmにするか、明るい20mmにするか?

価格.comのクチコミで調べてみると
20mmは神レンズという人がいるほど写りはいいがAFは遅い。
パンケーキレンズのサイズにするのにAFスピードを犠牲にしたと思われる。
14mmのほうはAFは爆速だが絞り値はF2.5と平凡。
こちらは、パンケーキレンズのサイズにするのに明るさを犠牲にしたと思われる。

随分悩んだのですが、最少絞りは先に当確になった45mmがF1.8と明るいレンズなので
もう一つのレンズは、より広角な14mmに決定。
(後から20mm欲しくなる気もしますが…。)


まずは14mm
2012061601.jpg

14mmは非常にコンパクトなレンズでパンケーキレンズと呼ばれています。
コンデジのようにポケットに入れておくというわけにはいきませんが小さめのバックなどにも十分入る大きさなのでそれ程邪魔になりません。
一眼レフは大きすぎるし、コンデジでは画質が今一つと感じている人にはお勧めです。


次に45mm
2012061602.jpg

14mmに比べると大きめですが、一眼レフ用のレンズに比べれば随分コンパクトです。
45mmという焦点距離とF1.8の最少絞りから絶妙なボケを演出してくれます。
また、最短撮影距離が45cmと長めなので家の中ではちょっと使いにくいかな。
スポンサーサイト

フリクションシリーズ専用消去ラバー

フリクションイレザー
2012060301.jpg

鉛筆やシャープペンの場合は消しゴムがすぐ減ってしまったり汚れて醜くなってしまうのでペン上部の消しゴムは使わないのですが、フリクションボールの場合ほとんど減らないので、上部のラバーを使って消していました。

そのため、あまり使い道は無いかなと思って購入を控えていたのですが、広い範囲を消すときにペンに付いているラバーでは消し難いことに気づいて購入しました。
定価も¥105(税込み)と安くてお手軽なこともあるのか売り切れのお店が多くて苦労しましたが何とか購入できました。

3色ボールペンや替え芯のほうも売り切れ店続出という時期もあった様ですが、最近は置いてあるお店が少しづつ増えてきました。

本当にフリクションボールの人気の高さには目を見張るものがありますね。

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。