文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム手帳用リフィル自作

数年前からシステム手帳のリフィルを自作しています。
最初はDavinciのリフィルを使っていました。
ご存知のとおり、Davinciのリフィルはトモエリバーで作られており、万年筆で書いても裏写りしにくく、紙が非常に薄いのが特徴です。
その薄さのため、ほぼ日手帳でも使われています。
しかし、この紙の薄さはリフィル自作には向かないのです。

今回、持っているリフィルに、プリンタ(EPSON PM-A840S)で印刷して裏写りを調べてみました。

まず、表側です。
2009100401.jpg

次に、裏側。
2009100402.jpg

左から
LIFEのNOBLE REFILL R101
DavinchiのDR338L
イオンのシステム手帳リフィル(TOPVALU)
ASHFORDのホワイトリーフ 0232-000
ASHFORDのホワイトリーフ・エコノミー 7801-000

DavinchiのDR338L
イオンのシステム手帳リフィル(TOPVALU)
ASHFORDのホワイトリーフ・エコノミー 7801-000
の3種類は、裏側にはっきりと写っていますが、
LIFEのNOBLE REFILL R101
ASHFORDのホワイトリーフ 0232-000
の2種類はあまり目立ちません。

ダビンチとイオンはトモエリバーで紙が薄いためでしょう。
ASHFORDのホワイトリーフ・エコノミーはリサイクル・ペーパーということで普通のホワイトリーフより安く提供されているため、紙質が低いか、薄いかのどちらかでしょう。

万年筆でも裏移りしにくいトモエリバーにも弱点はあるということです。
実は、トモエリバーにはもうひとつ気になる点があります。ご存知の方も多いと思いますが、蛍光ペンがなかなか乾かないのです。
つまり、トモエリバーはインクをほとんど吸わないため、裏写りしにくいという事のようです。

ことしは、ASHFORDのホワイトリーフ 0232-000を使いましたが、残念ながら色がホワイトしかありません。
そこで今年は、クリーム色のLIFEのNOBLE REFILL R101を使ってみたいと思っています。
(せっかくの新製品ですから)

ほかにも、プリンタで印刷しても、万年筆で書いても裏写りしにくいリフィルはたくさんあると思いますが、今私が持っているリフィルではこういう結果でした。
皆さんが、システム手帳のリフィルを自作されるときの参考になればいいのですが・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bungunokamesan.blog17.fc2.com/tb.php/120-44ede143

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。