文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィットレアロ(その2)

先日注文したプロフィットレアロが入荷したと連絡があったので、受取りに行ってきました。

2010012301.jpg

実は、これが私にとって『初SAILOR』なんです。
私は、何万円もするような万年筆の場合はインク吸入式であってほしいと思っています。
そして、この「プロフィットレアロ」は尾栓回転吸入式の万年筆なのです。

しかし、国産万年筆の場合ほとんどがカートリッジ式(コンバーター両用式含む)です。
私が知る限り、量産でインク吸入式はPILOTのカスタム823(プランジャー式)ぐらいしかありません。

万年筆のカートリッジはメーカーによって形状が異なる為、持っている万年筆のメーカーごとにカートリッジを買う必要があります。
(一部ヨーロッパタイプは流用が可能です。)
インク容量も非常に少ないので、常に予備のカートリッジを持っている必要があります。
また、いろんな色のインクを楽しみたいと思ってもカートリッジでは色が限られてきます。

コンバータの場合もメーカーごとにコンバータを用意する必要があります。
インク容量はカートリッジよりは多く入りますが、吸入式の半分ぐらいしか入らない為、常にインクの残量を気にしていなければなりません。
(ビンのインクを持ち歩くのはインク漏れのリスクが大きい為難しい。)
いろいろな色を楽しむ事は充分可能です。

そして、待ちに待った回転吸入式で量産の万年筆がようやく発売されたのです。
これは買うしかないと思ったのですが、問題は品質です。
「趣味の文房具14」内の記事によると、不具合のチェックに1年ほど費やしたとありましたが、数年前に限定で発売された「レアロ」が尾栓が少し堅くて壊れる危険があるという内容の書込みのブログを見た記憶があったので、少し様子をみていました。
3ヶ月以上たって、インターネットで調べても今のところ不具合の報告も見つからないので、ついに購入しました。


キャップをはずしたところです。
2010012302.jpg
モンブランの146にそっくりですね

インク窓
2010012303.jpg
金色のリングがきれいですね


尾栓
2010012304.jpg

ペン先
2010012305.jpg

ペン先(横)
2010012306.jpg
<H-B>太字です。

ペン芯
2010012307.jpg

セーラーには今後、尾栓回転吸入式をどんどん色々なモデルに展開して行って欲しいものです。

ブログランキング参加中。

↑もし気が向いたらクリック↑

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bungunokamesan.blog17.fc2.com/tb.php/153-20a7d219

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。