文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺品

遺品を整理していて思ったこと。

明らかに故人の思いが籠っていたり、故人を偲ぶことの出来るものは遺品として残そうと思うが、すべて残す事は出来ない。
結局は、多くをゴミとして捨てざるを得ない。

私にとって遺品整理は大きなストレスであった。

そして思ったこと。
私が持っている文房具等は私が亡くなったらどうなるのだろう?。
ほとんどはゴミとして捨てられてしまうのだろう!。
高価な万年筆などは誰かが引き取ってくれるか、リサイクルショップやヤフオクで換金されてしまうのだろう。
そう思うと使いきれないほどのペンやノートは自分自身で処分するのが、文房具や残された家族の為にも良いのかもしれない。

それでも、新しい文房具を見つけると買いたくなる自分がいる。
しかし最近は本当に使う物だけ買うように心がけている。
(いつまで続くことやら・・・。)

コメント

お久しぶりです
お身内に不幸があったのですね
お悔やみ申し上げます

数ヶ月の間、更新がされていらっしゃらなかったので
ブログをお辞めになったのかと思っていました。

更新が再開されて嬉しいです

私も父が亡くなった時に
遺品の整理で苦労と若干の切なさを味わいました

父の物が「形見分け」と称して
対して仲が良かったわけでもない親戚に
持って行かれてしまい、悔しい思いと同時に
切ない気持ちを味わったので
生きている間に荷物の整理は、ある程度するべきだと
私も思います。

残された人に、さらなる悲しみをもたらさない為にも。。。

tomoさん こんばんは

コメントありがとうございます。

他の人には対したものでなくても残された人には思い出の品というものも沢山ありますよね!。

思い出を独り占めしたい気持ちと、沢山の人に思い出の品を持っていて貰いたいという気持ちの両方があり心が揺れていました。

残された人に悲しみをもたらさない為に色々なものを整理しなければと思うのですが、いつ亡くなるのかが分からないので、なかなか進みません。

これだけは、「今でしょ」 とは言えません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bungunokamesan.blog17.fc2.com/tb.php/297-c797d7e7

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。