文房具のかめさん

文房具を中心に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pentel Orenz

芯径0.2mmのメカニカルペンシル
ぺんてる株式会社の「Orenzオレンズ」です。
2014041101.jpg

ペンテルは昔、製図用に0.2mmのメカニカルペンシルを販売していたのですが、図面のCAD化に伴って廃番になっていました。
当時私は0.3mmのメカニカルペンシルを使っており、それでも少し気を抜くとすぐに折れてしまうので、仕事で0.2mmの芯を使ってみようとは思いませんでした。
ここで、当時のことを思い出して0.3mm等の折れやすい芯径のメカニカルペンシルの使い方
1・できるだけペンを立てて書く。
2・低い筆圧で書く。
この2点に気を付けるだけで格段に折れにくくなります。
でもそれが難しいのです。

人は、きれいな字を書こうとすると、ペン先をよく見ようとします。すると、ペンが寝てしまいます。

油性ボ-ルペンを使うことの多い人は筆圧が高くなっています。
最近なめらかなボールペンが多くみられますが、一般的なボールペンは高い筆圧でないとうまく書けません。
筆や万年筆で字を書いていた時代とは環境が大きく異なるので仕方がないことなのですが、現代人は自然と筆圧が高くなっています。

この「オレンズ」はどうでしょうか?
裏面にある「Orenzの正しい使い方」によると、芯をガイドより出さずに使うとあります。
2014041102.jpg

実際そのようにして使ってみます。
これはびっくりです。
ガイドが、紙に当たっているのに引っかかることもなく書き味が悪くない。
どころか、スムーズでなめらかな書き味です。
ガイドの紙に当たるところを余程なめらかに加工しているのでしょう!
でも、今までのクセでついガイドより出して使ってしまいます。
すると、少し力を入れただけで、簡単に折れてしまいます。
定価500円(税別)という価格の割にはチープな作りですが、ガイド先の加工費からこの価格設定になってしまったとすれば仕方ないのかもしれません。

0.2mmという細い芯を使うため消しゴムにクリーナーピンが付いています。
2014041103.jpg

こういう気配りもうれしいものです。
昔のメカニカルペンシルにはクリーナーピンが付いていた気がします。
何時の頃からかは分かりませんが無くなってしまいました。(コストダウンでしょうか?)
製図用には今でも付いているのでしょうか?

替え芯はHBとBがあります。
2014041104.jpg

0.2mm芯なのに0.5mmを超えた書き味のメカニカルペンシル。
久しぶりに良いメカニカルペンシルに出会いました。

細かい(小さい)字を書いているという人にはお勧めのメカニカルペンシルです。

コメント

ブログ移転しました

かめさん こんにちは
いつも字が大きいと言われるので、このペンシルで書けば
少しは小さく見えるでしょうか?
突然ですが、ブログを移転することになりましたので
ご連絡に参りました。
犬とアウトドアがメインのブログにはなっていますが
これからも文房具へ注ぐ愛は薄れないと思います
宜しくお願いします

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bungunokamesan.blog17.fc2.com/tb.php/306-35fd4abe

 | HOME | 

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

かめさん

Author:かめさん
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。